MENU

英語を使う仕事はどうやって見つけるの?

英語を使って活躍するなら外資系に強い転職エージェントで見つけることをおすすめします!

 

まず一般の求人サイトでは見つけることができない海外勤務の求人の取扱があります。なぜなら海外での勤務にはある程度の能力が必要です。誰にでも公開しているような一般の求人ではなく、非公開求人と呼ばれる、優秀な人材を集めるための求人の取扱が転職エージェントにはあります。キャリアを積んで、より自分を成長させたい人は非公開求人を利用してキャリアアップのために転職エージェントの利用が必要です。

 

「TOIEC700点でも海外で働ける?」
「英会話に自信はないけど、英語を使う仕事がしたい・・・」

 

転職エージェントなら、英会話が苦手でもTOIECで700点以上あるなら英語を使った仕事を見つけることができます。
そのためには海外求人に強い転職エージェントを選ぶ必要があります。海外求人に強くない転職エージェントを選んでしまうと、英語を使わないような求人を紹介されるなど、希望と違った求人の紹介で時間を無駄に使ってしまいます。

 

それでは、英語が使える転職を成功させるための3つのポイントをお伝えします!

英語を使って活躍したいときに選ぶ転職エージェントのポイント

 

大手の転職エージェント

海外求人を出す企業はある程度の規模があります。中堅企業以上の企業は人が集まりやすい大手転職エージェントから募集をかけます。また、企業とアドバイザーとの信頼関係は内定をもらうにも大きな要素となります。
企業から信頼されている大手転職エージェントだから自分の希望の条件をしっかりと伝えてくれます。

 

求人数が多い転職エージェント

自分の条件に合うような求人を見つけるにはより多くの求人が集まるところから選ぶ必要があります。転職エージェントは求人数の多いところを選びましょう。希望している国であったり、給料などの条件は多くの選択肢から選べます。自分が最も希望に合う企業を見つけるには求人数には気を付けましょう。

 

海外求人に強い転職エージェント

海外で仕事をしたいなら、まずはグローバル専門のアドバイザーが在籍している転職エージェントを選びましょう。その会社や国のことについてしっかり情報提供してもらうためには海外求人に強い必要があります。

 

以上の3つのポイントを押さえて海外で英語を使ってできる仕事を見つけましょう。

海外求人に強い転職エージェント一覧

エージェント

リクルートエージェント

Adecco JAC Recruitment

公開求人数

2万件 1.5万件 0.8万件

非公開求人

12万件 7.5万件 1.2万件

転職実績

約35万人
(2014年度実績)
非公開 非公開

外資系分野

詳細


>>詳細はこちら

adeccotop
>>詳細はこちら


>>詳細はこちら

英語を活かしたいならリクルートエージェントで転職しましょう!

リクルートエージェントは求人数と転職成功実績が業界No.1の転職エージェントです。

 

特にTOIEC700点以上の方への求人案件がとても充実しており、英語が使える転職をするには最もおすすめできる転職エージェントです。
「もっと外資系に強い転職エージェントの方が海外求人に強そう・・・」
そんなイメージがあるかもしれません。でも、英語を活かしたいなら、外資系より日系企業から出ている海外求人を選んだ方がいいです。外資系企業が海外勤務の求人でわざわざ英語の苦手な日本人を雇うことは少ないです。現地で英語のできる人を採用した方が効率的です。それよりも日系企業、それもTOEICの点数を評価してくれるような企業の方が断然見つけやすく、いい条件が見つかります。
日系企業なら国内最大手のリクルートエージェントです。企業とのつながりや転職までのサポートがしっかりしています。リクルートエージェントで海外求人を探すことが最も自分の希望に沿った企業を見つけることができる効果的な方法と言えます。
英語を使った仕事で海外求人をお考えならリクルートエージェントは必ず利用しましょう!

 

海外の高額案件をお探しの方はこちら

TOIECの高得点の人が転職して希望の企業へいけるのは今がチャンスです。なぜ英語能力のある人の評価が上がっているかというと、2020年の東京オリンピックのビジネスチャンスを活かすための人材を広げるためです。
さらに現在TOIECでは2016年の1月よりTOEIC Speakingというテストが開始されています。これは今までのテストと違って、実際に英語が話せる能力をつけたい人のためのテストです。
企業からすれば、TOIECの点数が高かったから採用したのに、全くコミュニケーションが取れないようでは意味がありません。今後はますますこのTOEIC Speakingが予想されるので、現在のTOIECの点数が高い人が評価される今こそ転職してからの好条件を勝ち取るためには必要といえるでしょう。
では、英語の転職に強いエージェントはどこかというとリクルートエージェントです。
英文レジュメの添削や英語の面接対策など、英語のサポートだけでなく、英語の能力を求める企業からの求人数がとても多いためです。現在、英語を使って仕事をしたいという人は登録必須の転職エージェントと言えます。